五輪聖火リレー、行事の縮小も 中止は「全く考えていない」

お気に入りに登録
※写真クリックで拡大表示します
聖火リレーのリハーサルで、グループで走る代役のランナー=2月15日、東京都八王子市
聖火リレーのリハーサルで、グループで走る代役のランナー=2月15日、東京都八王子市

 2020年東京五輪・パラリンピック組織委員会の武藤敏郎事務総長は26日、新型コロナウイルスの感染拡大を受け、国内の五輪聖火リレーの一部行事の規模を縮小して実施する可能性に言及した。東京都内で「観客の数が大勢になると感染の恐れが高くなる。縮小も一つの考え方だ」と記者団に述べた。

 聖火リレーの中止については「全く考えていない」と強調した。聖火リレーを安全に運営するための基本指針を47都道府県に来週中にも発表する意向を示し「どうしたら感染拡大を防ぐ形で実施できるのかを考えていく」と語った。