ロンドンの博物館で大きな着物展 世界のファッションへの影響紹介

お気に入りに登録
※写真クリックで拡大表示します
英ロックバンド「クイーン」のボーカリスト、故フレディ・マーキュリーさんが愛用したという着物(左)=26日、ロンドンのビクトリア・アンド・アルバート博物館(共同)
英ロックバンド「クイーン」のボーカリスト、故フレディ・マーキュリーさんが愛用したという着物(左)=26日、ロンドンのビクトリア・アンド・アルバート博物館(共同)

 【ロンドン共同】英ロンドンのビクトリア・アンド・アルバート博物館(V&A)は26日、大規模展覧会「着物 京都から世界のランウェーへ」の報道関係者向け内覧会を開いた。欧州での大きな着物展は珍しい。17世紀から現代に至るまでの着物の変遷をたどり、日本の着物が世界のファッションにもたらした影響や、魅力を伝える。

 29日~6月21日まで。友禅作家で人間国宝の森口邦彦氏が手掛けた着物や、群馬県伊勢崎市の市民有志らが復活させた伊勢崎銘仙の技法で作った着物などを紹介。着物の影響を受けて仕立てられた衣服や映画の衣装、着物風の最新ファッションなど300点以上を展示する。