横手やきそば、自販機で売ってます お土産用、横手駅に設置

お気に入りに登録
※写真クリックで拡大表示します
横手駅に登場したお土産用の自動販売機
横手駅に登場したお土産用の自動販売機

 JR横手駅(秋田県横手市)の改札口前に、横手やきそば、稲庭うどんといった本県のお土産自動販売機が登場した。旅行客や帰省客が時間のない時も手軽に買える。地元業者が協力した市の実証試験で、採算性を検証し継続や設置拡大を検討する。3月31日まで。

 市横手の魅力営業課によると、以前から「横手駅構内に土産品を買う所がない」という声が駅利用者から寄せられていた。だが土産店の設置は人件費などがネックとなり採算が厳しいことから、見送られていた。

 設置されたのは今月10日。現在のラインアップは、横手やきそば、稲庭うどん、水煮加工したワラビとコゴミ、ダイコンをいぶした「いぶり漬け」、りんごジュースで、価格は300~700円。同社は甘酒やきりたんぽの販売も検討している。

(全文 677 文字 / 残り 348 文字)