ヨネタナが戻ってきた 大けが乗り越え“絆”武器に再起誓う

お気に入りに登録
※写真クリックで拡大表示します
公開練習後、田中(右)に感謝を伝える中で涙をこぼす米元(左)
公開練習後、田中(右)に感謝を伝える中で涙をこぼす米元(左)

 北都銀行女子バドミントン部をけん引してきた「ヨネタナ」ペアが戻ってきた。大けがからのリハビリに励んでいた米元小春(29)が、今月から練習に本格復帰。ダブルスを組む田中志穂(27)と共に、3月末に始まる国際大会に向けて再スタートを切った。苦しい時間を乗り越え一層深まったペアの絆を胸に、再起を目指す。

 東京都でのリハビリ中には、競技活動の方向性について2人で話し合った。「もう一度、2人でコートに立つ」と田中。力強い言葉に、米元は救われた。「志穂の存在に救われたリハビリ期間だった」と感謝を口にする。

(全文 1198 文字 / 残り 948 文字)