男鹿線アキュムをラッピング 美大とJRがコラボ【動画】

お気に入りに登録

※写真クリックで拡大表示します
外装に桜などの写真がラッピングされた車両
外装に桜などの写真がラッピングされた車両

 秋田公立美術大(秋田市)の学生が内外装をデザインしたラッピング列車「卒業メモリアルトレイン」が27日、JR男鹿線で運行を開始した。車内の中づり広告に、今春に学校を卒業する人へのメッセージを掲示。秋田、男鹿の両発着駅にも桜の絵が描かれた「黒板アート」が設置し、列車と駅双方で祝福ムードを演出している。4月5日まで。

 JR秋田支社と秋田美大が初めて企画した。「ACCUM(アキュム)」の愛称を持つ交流蓄電池電車「EV―E801系」1編成をラッピング列車に模様替えした。

 車体の前と後に取り付けたヘッドマークには、丸い模様の中に「卒業」の文字と桜のイラストをあしらい、車内の床には、桜の花びらが積もった様子のイラストが貼り付けられた。

(全文 922 文字 / 残り 607 文字)