大谷翔平、全球種で投球練習 2度目で最速135キロ

お気に入りに登録
※写真クリックで拡大表示します
ブルペンで投球練習するエンゼルス・大谷=テンピ(共同)
ブルペンで投球練習するエンゼルス・大谷=テンピ(共同)

 【テンピ(米アリゾナ州)共同】米大リーグ、エンゼルスの大谷翔平が26日、アリゾナ州テンピでキャンプ2度目の投球練習を行った。「投げ心地よくしっかり投げること」をテーマに掲げ、全球種を交えた。

 捕手を立たせた状態でカーブを含めて13球を投げた後、座らせてからは2度の休憩を挟みながら計41球を投じた。最速は84マイル(約135キロ)で、カーブの他にスライダーを1球、フォークボールも2球投げ「全体的に良かった。力を入れずにいい球を投げていたかなと思う。変化球もまずまず良かった」と好感触を口にした。

同じジャンルのニュース