大リーグ、筒香が初めて三塁守る 初登板の田中は2回2失点2三振

お気に入りに登録
※写真クリックで拡大表示します
ツインズ戦の4回、ゴロを捕球し一塁へ送球するレイズ三塁手の筒香=ポートシャーロット(共同)
ツインズ戦の4回、ゴロを捕球し一塁へ送球するレイズ三塁手の筒香=ポートシャーロット(共同)

 【ポートシャーロット共同】米大リーグは26日、各地でオープン戦が行われ、レイズの筒香はフロリダ州ポートシャーロットでのツインズ戦に「5番・三塁」で出場し、2打数無安打だった。3戦目で初の三塁守備に就き、チームは8―10で敗れた。

 ヤンキースの田中はナショナルズ戦に先発して初登板。本塁打を浴びて2回を2安打2失点、2三振を奪った。五回途中降雨コールドでチームは8―2で勝利。マリナーズの平野は1―1の五回に3番手で登板し、1回を2安打1失点。チームは5―3で勝ち、平野は勝ち投手になった。

 エンゼルスの大谷はキャンプ2度目の投球練習で、全球種を交えて投げた。