豪華寝台ななつ星、1カ月運休へ JR九州、感染拡大警戒で

お気に入りに登録
※写真クリックで拡大表示します
JR九州の豪華寝台列車「ななつ星in九州」
JR九州の豪華寝台列車「ななつ星in九州」

 JR九州は27日、新型コロナウイルスの感染拡大を受け、九州を周遊する豪華寝台列車「ななつ星in九州」を3月3日から約1カ月間、運休すると明らかにした。状況次第で、延長することも検討する。乗車予定だった客には連絡済みで、料金を払い戻す方針。

 青柳俊彦社長は27日の記者会見で、理由について「今まで通りのななつ星を経験していただける環境ではなくなってしまったためだ」と説明した。博多―別府(大分県)などを結ぶ「ゆふいんの森」をはじめ、他の観光列車の運休予定は今のところないという。