【判明】文科省メール、51分後の撤回 休校要請のドタバタ

お気に入りに登録
※写真クリックで拡大表示します
小中高校や特別支援学校を3月2日から休校するとの政府方針を受けて開かれた県教育庁の緊急会議=27日午後9時半ごろ、県第2庁舎
小中高校や特別支援学校を3月2日から休校するとの政府方針を受けて開かれた県教育庁の緊急会議=27日午後9時半ごろ、県第2庁舎

 安倍政権が突如下した前例のない休校要請は、国の教育行政を司る文部科学省を混乱させ、影響は瞬時に全国へ波及した。

 「子どもたちの健康と安全を考え…」。27日午後7時すぎ、秋田県庁内にある県教育庁のオフィスでは、テレビニュースが伝える安倍晋三首相の姿に30人ほどの職員が見入っていた。

 帰宅済みの課長らが呼び戻され、緊急の会議が7時40分ごろから始まった。しかし、最初のメールから51分後の8時24分、前言撤回のメールが届いた。

 緊急会議は午後10時近くまで続き、県内の全対象校に休校を要請することを決定。小中学校と高校、特別支援学校の卒業式は、卒業生と教職員だけで行うという異例の対応も決めた。

(全文 724 文字 / 残り 427 文字)