卒業式、保護者出られず 県内小中高、教育庁が方針

お気に入りに登録
※写真クリックで拡大表示します
県庁第二庁舎(資料写真)
県庁第二庁舎(資料写真)

 新型コロナウイルスの感染拡大を受け、秋田県教育庁は27日、県内の小中学校と高校、特別支援学校の卒業式について、卒業生と教職員だけで開催する方針を明らかにした。卒業生の保護者や在校生は原則出席できない。

 政府が全国の小中高校などに休校を要請すると表明したのを受け、米田進教育長ら幹部が同日夜に緊急の会議を開催。感染拡大を防ぐため必要な措置として決めた。在校生による終業式も開かないことにした。

(全文 522 文字 / 残り 326 文字)