観光中のトイレ快適に 仙北市・武家屋敷通り、全室洋式化

お気に入りに登録
※写真クリックで拡大表示します
洋式化などの改修工事が終わり、27日から使用可能となった武家屋敷通りポケットパーク公衆トイレ
洋式化などの改修工事が終わり、27日から使用可能となった武家屋敷通りポケットパーク公衆トイレ

 秋田県仙北市角館町の武家屋敷通りポケットパーク公衆トイレの改修工事が終わり、27日から利用可能となった。インバウンド(訪日外国人客)の増加や市民からの要望を受け、トイレの洋式化、身体障害者用トイレの多機能化などを図った。24時間使用できる。

 公衆トイレは1997年築で、木造平屋建て約50平方メートル。観光庁の補助金約893万円を活用し、市が約2142万円をかけて改修した。工事は昨年10月から行われていた。

(全文 441 文字 / 残り 236 文字)