秋田県内でも紙製品、品薄の店も 業界団体「冷静な対応を」

お気に入りに登録

 日本家庭紙工業会は28日、肺炎を引き起こす新型コロナウイルスの感染拡大で、トイレットペーパーやティッシュペーパーを買いだめする一部の動きについて「過度なまとめ買いがなければ供給に全く問題はない。落ち着いて行動してほしい」とした。共同通信の取材に担当者が答えた。各メーカーの生産に影響は出ていないとした。

 秋田市中心部のドラッグストアでは、28日午後7時の時点でトイレットペーパーやティッシュペーパーの陳列棚がほぼ空の状態となった。残っていたのは高保湿ティッシュなど比較的高価な商品だけだった。

(全文 498 文字 / 残り 251 文字)