桜、洋ラン…一足早く春気分満喫 横手市、花フェスにぎわう

お気に入りに登録
※写真クリックで拡大表示します
色とりどりの花で彩られた会場
色とりどりの花で彩られた会場

 多彩な草花の展示販売やリース作りなどの体験会を楽しめる「春色花フェスティバル」が秋田県横手市の秋田ふるさと村で開かれている。会場は洋ランやクリスマスローズなど色とりどりの花で彩られ、大勢の来場者でにぎわっている。3月2日まで。

 ふるさと村とむつみ造園土木(秋田市)の主催。県内外の生花店など8業者が展示販売ブースを設置。ガーデニングゾーンには桜の木などが華やかに植えられているほか、「フローラルシャワー」と題した洋ランのタワーディスプレーでは高さ約2メートル、幅約1・8メートルの空飛ぶチョウが目を引く。クリスマスローズの希少品種「SIBORI」の展示も行われている。

(全文 534 文字 / 残り 249 文字)