時代を語る・鈴木英雄(27)警戒欠かせぬ山歩き

お気に入りに登録
※写真クリックで拡大表示します
打当集落に近い猟場の斜面。急な尾根を登り下りする
打当集落に近い猟場の斜面。急な尾根を登り下りする

 逃げたクマを追い掛けて「安(やす)の滝」の上流の方まで行くこともあります。「安の滝」は阿仁・打当の集落からだと直線で9キロ近くもあります。しかもわれわれは、仕留めたクマがずっと下まで落ちていってしまうほど急峻(きゅうしゅん)な所を歩くことが少なくありません。

 マタギに関心のある人から、猟場を案内してほしいと頼まれることがあります。「山岳部だったからどんな所でも大丈夫」と話す男の人たちを連れていったことがありますが、山に入って間もなく「どうやって歩けばいいんですか」と言い出しました。「なるほど登山とは違うんだなあ」と思いました。もちろん外部の人には無理をさせないようにしますが、それでも同じようには歩けないようです。

(全文 761 文字 / 残り 450 文字)

この連載企画の記事一覧