洋上風力発電の疑問(下)先進地欧州 導入促進、政府が後押し

お気に入りに登録
※写真クリックで拡大表示します
欧州の洋上風力の状況について説明する木村さん=東京都港区の自然エネルギー財団
欧州の洋上風力の状況について説明する木村さん=東京都港区の自然エネルギー財団

 洋上風力発電の促進区域として有望視されている県内2区域の地元自治体や漁業関係者らによる法定協議会が昨年始まり、メンバーから先進地である欧州の状況を知りたいとの要望が出た。

 昨年12月の第2回法定協に招かれ、欧州に関して説明した自然エネルギー財団(東京)の木村啓二上級研究員(41)によると、洋上風力発電をリードするのは英国やドイツ、デンマークなど。欧州全体では10年ほどの間に1850万キロワット分が整備された(2018年末時点)。これは秋田市の秋田火力発電所19カ所分に相当する。

(全文 1505 文字 / 残り 1263 文字)

この連載企画の記事一覧