用水路で発見、大仙市の男性死亡 ミニバイクで転落か

お気に入りに登録

 28日午後10時ごろ、秋田県大仙市大曲上栄町の市道脇の用水路に、同市大曲飯田町の男性(82)とミニバイクが転落しているのを、歩行中の同市の50代男性が見つけ110番した。男性は意識不明の状態で市内の病院に運ばれ、約14時間後に心臓関連の病気が原因で死亡した。

 大仙署によると、男性は深さ約1メートル、幅約60センチの用水路の底に倒れ、その上にバイクが重なっていた。男性は病院に搬送された際、大動脈解離を起こしていた。

(全文 292 文字 / 残り 83 文字)