クルーズ船乗ってないのに… 横手の夫婦、風評被害に苦しむ

お気に入りに登録

 新型コロナウイルスに感染したという風評被害に苦しむ人が横手市に複数いる。「集団感染が発生したクルーズ船『ダイヤモンド・プリンセス』に乗っていた」とうわさされているのだ。その一人、横手市十文字町の製麺販売会社常務の女性(73)は「私たち夫婦も社長も船に乗っていないし、感染していない。商品への中傷もあり、すごく困る」と訴える。

 クルーズ船は1月20日に横浜港を出港し、2月3日に同港に入港。乗客は自室待機を指示され、同19日から下船を始めた。

 この間、女性と社長は2月9日に由利本荘市で行われた元国会議員の葬儀に出席。女性の夫で同社会長(79)は毎日のように地元の温泉施設に通うなど、3人とも県内で大勢の人と接してきた。

 同社は2月下旬、ホームページに「新型コロナウイルスに関する取り組みとお知らせ」と題し、「『ダイヤモンド・プリンセス』への今回の乗船、ウイルス感染の事実はない」と掲載したが、うわさはやまないという。

(全文 605 文字 / 残り 196 文字)