時代を語る・鈴木英雄(29)スペアリブがうまい

お気に入りに登録
※写真クリックで拡大表示します
持ち帰ったクマの肉を小分けする母英(手前)、父金作(奥)と長男大地=平成2(1990)年ごろ
持ち帰ったクマの肉を小分けする母英(手前)、父金作(奥)と長男大地=平成2(1990)年ごろ

 「マタギ資料館」(北秋田市阿仁打当)の来館者案内を時々頼まれます。来館した大学生たちが「クマの肉って、臭くて硬くて食べられたものじゃない」と言うので、「困ったなあ」と思ったことがありました。

 言葉で説明したって駄目だし、たまたま解凍した肉があったので鍋にして食べさせたら「いやあー、話して良かった。こんなにおいしいものとは思わなかった」と喜んでいました。

(全文 734 文字 / 残り 556 文字)

この連載企画の記事一覧