自粛ムード、県内ホテル直撃 予約キャンセル相次ぐ

お気に入りに登録
※写真クリックで拡大表示します

 新型コロナウイルスの感染を防ぐため、企業・団体に会合やイベントを自粛するムードが広がり、県内ホテルは大きな打撃を受けている。会場の予約取り消しや宿泊キャンセルが相次ぎ、売り上げへの影響は深刻だ。そうした中、売り上げ確保に向け、ケータリング事業に活路を見いだそうとする動きも出始めている。


 「誰が悪いというわけじゃないが、厳しい状況だ」。横手市のホテルの総支配人はため息をつく。3月の謝恩会や企業の会合は予約が約60件あったものの、今までに8割以上がキャンセルとなった。

(全文 975 文字 / 残り 740 文字)