テーマごとに本を袋詰め 鹿角市2図書館、コーナー開設

会員向け記事
お気に入りに登録
※写真クリックで拡大表示します
花輪図書館の特設コーナー。絵本や小説、実用書がテーマごとに袋詰めされている
花輪図書館の特設コーナー。絵本や小説、実用書がテーマごとに袋詰めされている

 臨時休校の期間中、小中高生に読書を楽しんでもらおうと、秋田県鹿角市の花輪、十和田両図書館は「新型コロナウイルスで休校になったアナタへ贈る本の世界」と題した特設コーナーを開設した。歴史、動物、科学などテーマごとに2~4冊を袋詰めして並べ、児童生徒らに貸し出している。

 花輪図書館では、安倍晋三首相が休校要請を表明した翌日の2月28日から、スタッフ7、8人が絵本、小説、実用書など約計300冊をテーマ別に分けて袋詰めした。

※この記事は「会員向け記事」です。電子版への登録が必要です。
(全文 464 文字 / 残り 254 文字)

秋田の最新ニュース