巣立ちを迎えて:伊藤一恵さん(秋田市・自営業) 大農太田分校卒業生に密着映像DVD

会員向け記事
お気に入りに登録
※写真クリックで拡大表示します
卒業生にDVDを贈った伊藤さん
卒業生にDVDを贈った伊藤さん

 児童生徒が、学びやから巣立つ時を迎えている。今年は新型コロナウイルス感染予防のため、卒業式の規模縮小や部活動のお別れ会中止などが相次ぎ、児童生徒が別れや感謝を直接伝えられないケースもある。児童生徒、保護者、地域住民の今の思いや、卒業にまつわる学校のトピックスを各地域面で紹介する。

 ◇  ◇

 「たくさんの笑顔をありがとう」「未来に向かって自分らしく羽ばたいてね」。3日に開かれた大曲農業高校太田分校(大仙市)の卒業式で、3年生20人にそんな手書きメッセージ入りのDVDが手渡された。

 贈り主は秋田市新屋の自営業伊藤一恵さん(50)。太田分校の魅力を伝えようと「太田分校応援プロジェクト」と題し、約2年間密着して学校行事などでの生徒の様子を動画撮影。秋田ケーブルテレビの市民自主制作番組枠を活用し、ナレーションを付けて編集した約15分の映像を3カ月に1度放送してきた。今回のDVDはそれをまとめて収録したものだ。

※この記事は「会員向け記事」です。電子版への登録が必要です。
(全文 1367 文字 / 残り 961 文字)

この連載企画の記事一覧

同じジャンルのニュース