【コロナ】県内スポーツジムで休業や利用自粛 カラオケ店も

会員向け記事
お気に入りに登録
※写真クリックで拡大表示します
エニタイムフィットネス秋田広面店は入り口に、体調が悪い人の利用自粛を求める紙を張っている=秋田市広面
エニタイムフィットネス秋田広面店は入り口に、体調が悪い人の利用自粛を求める紙を張っている=秋田市広面

 新型コロナウイルスの感染拡大に伴い、秋田県内のスポーツジムやネットカフェ、カラオケ店などは休業や消毒の徹底といった対応に追われている。政府が感染拡大を食い止めようと、換気が悪く不特定多数の人と接触する可能性のある場所を避けるよう求めているためだ。

 県内のスポーツジムでは、一部の運動プログラムを休止した施設や、全ての運動器具を利用中止にした施設もある。

 セントラルスポーツ(東京)では、秋田市と横手市の計3店舗を含む全国179店舗を今月3日から10日まで臨時休業にした。ただ、全国各店では入退会の受け付けは行っている。広報担当は「国の発表と社会情勢を踏まえて検討を重ね、休業を決めた。今後は感染の拡大状況をみて、休業日を延ばすかどうか判断していく」と話した。

※この記事は「会員向け記事」です。電子版への登録が必要です。
(全文 967 文字 / 残り 637 文字)

秋田の最新ニュース