秋田県内で感染確認2人目 北海道居住の女児

お気に入りに登録
※写真クリックで拡大表示します
記者会見する穂積市長(左)
記者会見する穂積市長(左)

 秋田市は6日、北海道在住の10歳未満の女児が市内で新型コロナウイルスに感染したと発表した。県内での感染確認は2例目。

 秋田市によると、10歳未満の女児は先月28日から1日にかけて37~39度の熱があり、2日に市内の医療機関を受診。3、4日に鼻水、せきの症状も出て、この医療機関の医師の調整で、5日に「帰国者・接触者外来」のある医療機関を受診。秋田市保健所の検査で6日に陽性と判明した。

 発症前2週間に海外渡航歴はない。秋田市を訪れた理由は明らかにされていない。市は濃厚接触者の調査を進める。