バスの運行情報、アプリで即表示 教養大が実証実験中

会員向け記事
お気に入りに登録
※写真クリックで拡大表示します
実証実験に用いるGPS付きの無線機
実証実験に用いるGPS付きの無線機

 国際教養大学アジア地域研究連携機構などが、秋田市の大学周辺を走る路線バスの運行情報をインターネットの地図アプリ「グーグルマップ」にリアルタイムで表示する実証実験を行っている。地域住民の足であるバスの利便性を高め、利用者の維持、拡大を目指している。

 実験の対象は、秋田中央交通(秋田市)が運行する同大とJR四ツ小屋駅を結ぶ「国際教養大線」。新潟通信機(新潟市)の衛星利用測位システム(GPS)が付いた無線機をバスの運転席付近に載せて位置情報を集める。時刻表やバス停の位置情報などのデータと組み合わせ、バスの現在地や運行の遅れなどをグーグルマップに表示する仕組み。

※この記事は「会員向け記事」です。電子版への登録が必要です。
(全文 934 文字 / 残り 653 文字)

秋田の最新ニュース