「財産を差し上げる」 怪しいメール、振り込みやめさせる

お気に入りに登録
※写真クリックで拡大表示します
納谷署長から感謝状を受け取る小笠原さん(中央)
納谷署長から感謝状を受け取る小笠原さん(中央)

 秋田県警由利本荘署は4日、特殊詐欺の被害を未然に防いだとして、由利本荘市の岩城郵便局局員の豊島紗菜恵さん(33)と小笠原裕子さん(51)に感謝状を贈呈した。

 2人によると、先月18日、市内の60代男性が自分の口座から60万円を振り込もうと郵便局を訪れた。窓口で対応した豊島さんは、男性の携帯電話に届いた「自分の家族の財産をあなたに差し上げる。そのために経費として60万円を振り込むように」という旨の文章と、振込先の口座番号が書かれたメールを見て不審に思い、小笠原さんと相談。男性の振り込み手続きを中止させ、同署に通報した。

(全文 365 文字 / 残り 103 文字)