秋田のメダリスト:ロス、ソウル・レスリング銀 太田章さん(62)=秋田市出身

会員向け記事
お気に入りに登録
※写真クリックで拡大表示します
4度代表に選ばれた五輪について振り返る太田さん
4度代表に選ばれた五輪について振り返る太田さん

 五輪を一言では言えません。五輪に翻弄(ほんろう)されました。4度代表になりましたが、抱く感情は大会ごとに違います。

 初めて代表に選ばれたモスクワ五輪は出られなかった「怒り」。2回目のロサンゼルス五輪は銀メダルを取ったのに傷つけられた「哀しみ」。3回目のソウル五輪は強い選手たちの中で銀メダルを取れた「喜び」。4回目のバルセロナ五輪は大会に挑戦できるだけで「楽しみ」があった。

 小学校時代は体操少年。体が柔らかかった。野球では4番で、柔道もやっていた。中学では柔道だけに絞って全県優勝。高校で日本一にならないといけないと思い、強豪の天理高(奈良)を受験したんだけど落ちてしまった。でも、落ちたから秋田商高のレスリングに巡り合えた。

※この記事は「会員向け記事」です。電子版への登録が必要です。
(全文 1395 文字 / 残り 1080 文字)

この連載企画の記事一覧

同じジャンルのニュース