災害時、海外出身者に「やさしい日本語」で伝えよう

会員向け記事
お気に入りに登録
※写真クリックで拡大表示します

 「速やかに」は「すぐに」。「身の安全を確保」なら「安全な所へ逃げて」―。災害時、海外出身者に分かりやすい簡単な表現でコミュニケーションを取る「やさしい日本語」という取り組みが徐々に広がっている。1995年の阪神大震災を機に考案されたものだ。

 こつは「小学1、2年生が理解できるくらいの語彙(ごい)で話す」こと。基本を押さえれば、誰でも「やさしい日本語」の使い手になれるという。普及を進める秋田県国際交流協会で話を聞いた。

 「外国の人に話し掛けられると、『英語を話さなくちゃ』と身構えてしまう人が多いですよね。でも、実は英語じゃなくてもいいんです」。県国際交流協会事務局次長の町本智美さんは話す。

※この記事は「会員向け記事」です。電子版への登録が必要です。
(全文 1454 文字 / 残り 1156 文字)

秋田の最新ニュース