仏壇「お色直し」いかが 湯沢のメーカー、現代風に塗り替え

会員向け記事
お気に入りに登録
※写真クリックで拡大表示します
仏壇の部品の塗り直し作業を行う職人
仏壇の部品の塗り直し作業を行う職人

 秋田県湯沢市川連町の仏壇、仏具製造小売業・沓良仏壇漆器店(沓沢正利社長)は「仏壇のお色直し Re:Birth(リバース)ぶつだん」と銘打ち、仏壇内部に金箔(きんぱく)を施した金仏壇を、赤褐色などシックな色合いの「塗り仏壇」に塗り直すサービスを始めた。

 黒塗りに金箔を張った金仏壇を、客の要望に応じて塗り替える。基本の色は、川連漆器の塗りを再現した「潤(うるみ)」色と、蒔絵(まきえ)技術を応用した「梨地」色で、いずれも赤みがかった褐色。

※この記事は「会員向け記事」です。電子版への登録が必要です。
(全文 686 文字 / 残り 467 文字)

秋田の最新ニュース