「外にいるのが一番安全」 佐竹知事、休校中の子どもへ

会員向け記事
お気に入りに登録
※写真クリックで拡大表示します
佐竹敬久知事
佐竹敬久知事

「今のシーズンは外にいるのが一番安全」―。新型コロナウイルスの感染防止を目的とした小中高校の臨時休校を巡り、佐竹敬久秋田県知事は11日の県危機管理対策本部会議で、子どもたちの過ごし方に言及し、自宅に閉じこもらず屋外で活動するよう勧めた。

 米田教育長は、今月9日に文科省が「屋外で適度な運動をしたり、散歩したりすることを妨げるものではない」との見解を示したと説明。「われわれとしても運動や散歩を妨げるものではない」と述べた。

※この記事は「会員向け記事」です。電子版への登録が必要です。
(全文 515 文字 / 残り 304 文字)

秋田の最新ニュース