災害時の助け合い、自主的な対策進む 秋田市・大住地区

会員向け記事
お気に入りに登録
※写真クリックで拡大表示します
秋田市の大住地区における自主防災の取り組みについて話す進藤さん
秋田市の大住地区における自主防災の取り組みについて話す進藤さん

 災害が起きたとき、公的な機関の支援「公助」が届くまでには時間がかかる。頼りになるのは、自分が暮らす地域での助け合い「共助」だ。

 30の町内会がある秋田市の大住地区は、自主的に災害対策の取り組みを活発化させてきた。災害時に支援が必要な人を想定した防災訓練を毎年行い、車いすやリヤカーを用いた移動の手順、無線機の使い方などを確認している。

※この記事は「会員向け記事」です。電子版への登録が必要です。
(全文 592 文字 / 残り 424 文字)

秋田の最新ニュース