ニュースの「つぼ」:クマ推定生息数調査

会員向け記事
お気に入りに登録
※写真クリックで拡大表示します
ツキノワグマの推定生息数の推移
ツキノワグマの推定生息数の推移

 県は先月、県内のツキノワグマの推定生息数を今年4月時点で4400頭と公表した。2017年度に自動カメラでの調査を導入してから急増しており、精度向上によって実態に近い頭数になったとみられる。

 推定生息数は00年度以降、千頭前後で推移していた。だが17年度の調査によって2300頭、18年度の調査で3700頭と大幅に増え、今回は4400頭に。記録が残る1984年度以降、2年連続で最多を更新した。

※この記事は「会員向け記事」です。電子版への登録が必要です。
(全文 1028 文字 / 残り 831 文字)

この連載企画の記事一覧

同じジャンルのニュース