ブースター、中継画面から応援 Bリーグ、無観客で再開

お気に入りに登録
※写真クリックで拡大表示します
無観客で行われたB1のSR渋谷―秋田戦=東京・青山学院記念館
無観客で行われたB1のSR渋谷―秋田戦=東京・青山学院記念館

 新型コロナウイルスの感染拡大に伴い、シーズンを中断していたバスケットボール男子Bリーグは14日、約1カ月ぶりにリーグ初となる無観客で再開した。東京都渋谷区の青山学院記念館では、1部(B1)東地区の秋田ノーザンハピネッツが同地区のサンロッカーズ渋谷(SR渋谷)と対戦。テレビや動画の中継画面に声援を送った秋田ブースターに勝利を届けた。チームやブースターからは、早期の終息を願う声が聞かれた。

 両チームは試合開始の約2時間前から続々と会場入り。通常の公式戦で入場待ちの行列ができる入り口では、報道陣を含む関係者全員に検温と手指のアルコール消毒、マスク着用が義務付けられた。アリーナ内は1階に席を置かず、コートの四方は広い空きスペース。BGMとアリーナMCによるアナウンスはあったものの、チアダンスやマスコットの演出はなかった。

(全文 1316 文字 / 残り 954 文字)

秋田の最新ニュース