県内ライブハウスも打撃 大阪「クラスター」で中止や延期

会員向け記事
お気に入りに登録
※写真クリックで拡大表示します
新型コロナウイルスの感染拡大を受け、県内のライブハウスでも中止や延期が相次いでいる=13日、秋田市の「秋田クラブスウィンドル」
新型コロナウイルスの感染拡大を受け、県内のライブハウスでも中止や延期が相次いでいる=13日、秋田市の「秋田クラブスウィンドル」

 大阪市のライブハウスから新型コロナウイルスの感染者が各地に広がったことを受け、秋田県内のライブハウスでも3月に予定されていたイベントが軒並み中止や延期となるなどの影響が出ている。早期終息が見通せない中、関係者からは今後の経営への不安も聞かれる。

 「主催イベントを含め、予定していた3月のライブはほとんど中止となり、売り上げはほぼゼロ。仕方ない面もあるがやはり厳しい」。悲痛な声を上げるのは、秋田市の「秋田クラブスウィンドル」の石岡久美子オーナー代理(69)だ。2月末の全国一斉休校の発表を機に、高校生から出演辞退の連絡が増え始め、その後もプロアマ問わずキャンセルが絶えないという。

※この記事は「会員向け記事」です。電子版への登録が必要です。
(全文 869 文字 / 残り 578 文字)

秋田の最新ニュース