巣立ちを迎えて:卒業生と在校生から一言 縄跳び教えてくれた

会員向け記事
お気に入りに登録

 「学童クラブで月に1回、6年生が考えてくれたイベントをやる日があって、それがいつも楽しみだった。6年生の皆さんとお話しするのも楽しかった。仲良くしてくれてありがとうって言いたかったな」=鶴舞小2年、仲谷大和(だいな)君(8)

 ◇  ◇

 「卒業生を送る歌『大空がむかえる朝』を毎日練習していたけど、本番で歌えなくなっちゃった。スポーツ少年団の野球チームで、ボールの握り方などを教えてくれた卒業生に贈るプレゼントも買ってあったのに、結局渡せないまま。いろんなことを教えてくれてありがとうって伝えたいな」=由利小3年、工藤梨緒さん(9)

※この記事は「会員向け記事」です。電子版への登録が必要です。
(全文 783 文字 / 残り 517 文字)

この連載企画の記事一覧

同じジャンルのニュース