高校進学「実感湧いた」 秋田市の制服店、採寸盛ん

会員向け記事
お気に入りに登録
※写真クリックで拡大表示します
学生服を試着し、親と話し合う中学生
学生服を試着し、親と話し合う中学生

 春の新入学シーズンを迎え、秋田市大町の制服専門店「学生服サトウ」には15日、高校入学を控えた中学生と保護者が続々と、購入する制服の採寸に訪れた。

 同店では秋田市と男鹿市の6高校の指定制服と、一般的な男子学生服を販売。佐藤智店長(59)によると、13日の公立高校の合格発表を受け、今週にかけて「1年で一番忙しい時期」という。この日は普段より4人多い店員6人で対応した。

※この記事は「会員向け記事」です。電子版への登録が必要です。
(全文 433 文字 / 残り 249 文字)

秋田の最新ニュース