「角館の桜まつり」縮小へ 出店や特設ステージなど取りやめ

お気に入りに登録
※写真クリックで拡大表示します
規模を縮小して桜まつりを開催する方針を決めた角館の観光行事実行委員会
規模を縮小して桜まつりを開催する方針を決めた角館の観光行事実行委員会

 秋田県仙北市や田沢湖・角館観光協会、市商工会などでつくる角館の観光行事実行委員会は16日、今年の角館の桜まつり(4月20日~5月5日)について、新型コロナウイルスの感染対策を徹底した上で規模縮小して開催する方針を決めた。20日ごろの発表が予想される政府方針を踏まえて最終判断し、詳細を検討する。

 出店や特設ステージなどの集客イベントは取りやめる一方、夜桜のライトアップは行う方針。交通規制や警備員の配置も行う。桜の動画を配信する試みや、写真共有アプリ「インスタグラム」による桜のフォトコンテストも検討している。

(全文 580 文字 / 残り 324 文字)