感謝込め、タクシー運転手に手作りマスク 秋田市の女性贈る

お気に入りに登録
※写真クリックで拡大表示します
女性が手渡した手紙とマスク
女性が手渡した手紙とマスク

 「マスクが必要でしたら、これでよければ使ってください」。9日朝、通院のため秋田市内でタクシーに乗車した女性(42)=同市旭南=は運転手の男性に、手作りのガーゼマスク7枚を手紙と共に手渡した。新型コロナウイルス感染拡大でマスクが品薄となる中、女性は「運転手の皆さんには日頃親切にしてもらっており、この機に感謝を伝えたかった」と話す。

 マスクを手作りしたきっかけは、都内などでタクシー運転手がコロナウイルスに感染したと報道で知ったこと。秋田でもマスクをしていない運転手を2月下旬からちらほら見て、もし足りないのなら役立ててほしいと製作した。

(全文 724 文字 / 残り 455 文字)