巣立ちを迎えて:卒業生ら一言 父に感謝している

会員向け記事
お気に入りに登録

 「小規模校だからこそ、生徒がお互いの人間関係を大切にしてきた3年間だった。卒業生には培った思いやりの心で、今後の人生をより豊かにしていってほしい」=下北手中教諭、野呂香代子さん(50)

 ◇  ◇

 「たった2人の野球部員は、文句を一つも言わず本当に一生懸命に練習に打ち込んでいた。3年間の苦しい練習を乗り越えたたくましさや身に付けた礼儀作法は、将来どの道に進んでも必ず役に立つぞ」=下北手中野球部監督、鎌田拓朋さん(58)

※この記事は「会員向け記事」です。電子版への登録が必要です。
(全文 1001 文字 / 残り 790 文字)

この連載企画の記事一覧

同じジャンルのニュース