働き方改革セミナーをウェブ配信 新型コロナ感染防止

会員向け記事
お気に入りに登録
※写真クリックで拡大表示します
秋田市の会社の1室からウェブ配信した県主催の働き方改革セミナー
秋田市の会社の1室からウェブ配信した県主催の働き方改革セミナー

 秋田県主催の「働き方改革セミナー」が17日、セミナーの運営を受託した人材コンサルタントのあきた総研(秋田市手形)からウェブ配信された。当初は市内の会場に聴衆を入れて行う予定だったが、新型コロナウイルスの感染拡大を防ぐため、ウェブ配信に切り替えて開催。働き方改革に取り組んだ県内3事業者が、視聴者55人に向けて事例発表した。

 3事業者は働き方改革に関する2019年度県講座に参加。このうち、社会福祉法人横手福寿会の「ショートステイ ラ・ボア・ラクテ」(秋田市)は受講を機に、介護士の有給休暇取得率の向上に取り組んだ。

 同ショートステイの林一輝管理者(34)は、施設の従業員を対象に研修会を開いて有給休暇取得の大切さを伝えたほか、毎月の勤務シフト作成時に取得を勧めた。これにより取得率は昨年度の30%から100%に跳ね上がったという。林さんは「有給休暇を取りにくい雰囲気がなくなった」と話した。

※この記事は「会員向け記事」です。電子版への登録が必要です。
(全文 590 文字 / 残り 194 文字)

秋田の最新ニュース