「五輪が開かれると思って準備する」 ナガマツ帰国

会員向け記事
お気に入りに登録
※写真クリックで拡大表示します
出迎えた佐々木監督(右)と今後のスケジュールについて話し合うマスク姿の永原(左)と松本
出迎えた佐々木監督(右)と今後のスケジュールについて話し合うマスク姿の永原(左)と松本

 バドミントンの全英オープンに出場した女子ダブルスの永原和可那、松本麻佑組(北都銀行)が17日、英国から帰国し、秋田空港で秋田魁新報社の取材に応じた。

 東京五輪出場権を懸けた戦いが終盤に入った中、新型コロナウイルスの感染拡大の影響で試合が延期や中止になっているが「どういう結果になったとしても、自分たちは五輪が開かれると思って準備する」と胸の内を明かした。

※この記事は「会員向け記事」です。電子版への登録が必要です。
(全文 747 文字 / 残り 569 文字)

秋田の最新ニュース