県、コロナ対策強化で協議会設置へ 医療専門家を委員に

お気に入りに登録
※写真クリックで拡大表示します
堀井副知事(左)に要望書を手渡す県医師会の小泉副会長
堀井副知事(左)に要望書を手渡す県医師会の小泉副会長

 秋田県は18日、新型コロナウイルス感染症対策を強化するため、医療の専門家を委員とする協議会を週内に設置し、初会合を来週開く方針を明らかにした。県医師会が協議会設置を求める要望書を提出したのに対し、堀井啓一副知事が応えた。

 県によると、協議会は、県医師会や県病院協会、秋田大学などの協力を得て、委員10人以上で構成する予定。県内で感染者が増加した場合に備え、医療提供体制について話し合う。

(全文 514 文字 / 残り 320 文字)