秋田空港利用者、2年連続130万人超 19年、欠航減少で

お気に入りに登録
※写真クリックで拡大表示します
秋田空港(資料写真)
秋田空港(資料写真)

 秋田県がまとめた2019年の県内空港利用状況によると、秋田空港の利用者数は前年より約4万人増の135万9638人となり、2年連続で130万人を上回った。天候不良による欠航の減少が利用者増につながった。大館能代空港は前年より約7千人増の15万5103人で、東京羽田線は1998年の就航以来初めて15万人を突破した。

(全文 815 文字 / 残り 658 文字)