「ヒカルの碁」「デスノート」の原画も まんが美で小畑健展

お気に入りに登録
※写真クリックで拡大表示します
小畑さんのヒット作の原画などを展示した企画展((C)O・O/S)
小畑さんのヒット作の原画などを展示した企画展((C)O・O/S)

 「ヒカルの碁」や「DEATH NOTE(デスノート)」といったヒット作で知られる漫画家・小畑健さん(51)の画業30周年を記念した企画展「小畑健展 NEVER COMPLETE」が20日、秋田県横手市の増田まんが美術館で始まった。作品の名場面の原画など約500点を展示。初日から多くの人が来館した。5月31日まで。

 小畑さんは新潟市出身。1989年に「CYBORGじいちゃんG」を「週刊少年ジャンプ」で初連載。さまざまな原作者とのタッグで多数の作品を手掛けてきた。

 企画展は横手市増田まんが美術財団の主催。一般・大学生800円、高校生600円、中学生400円、小学生200円、未就学児無料。午前10時~午後6時(最終入館5時半)。第3火曜休館。問い合わせは同館TEL0182・45・5569

(全文 708 文字 / 残り 362 文字)