月内でNPOと連携解消のおもちゃ美 「学芸員」に方針説明

お気に入りに登録
※写真クリックで拡大表示します
東京おもちゃ美術館との連携協定解消について説明を受ける学芸員たち
東京おもちゃ美術館との連携協定解消について説明を受ける学芸員たち

 秋田県由利本荘市が今月いっぱいで、東京おもちゃ美術館を運営する認定NPO法人・芸術と遊び創造協会(東京)との連携協定を解消することを受け、鳥海山木のおもちゃ美術館を運営するNPO法人由利本荘木育推進協会は19日、同館でおもちゃ学芸員に対する説明会を開いた。推進協に登録する学芸員129人のうち34人が出席。説明会の後、一部の学芸員は協定再締結を求める申し入れ書を来週にも市議会議長に提出することを決めた。

(全文 954 文字 / 残り 751 文字)