夢舞台へ挑戦再び マスターズ甲子園県予選組み合わせ決まる

お気に入りに登録
※写真クリックで拡大表示します
開幕戦での対戦が決まった鷹巣高と秋田高の代表者
開幕戦での対戦が決まった鷹巣高と秋田高の代表者

 高校の硬式野球部OBチームによる全国大会「マスターズ甲子園」秋田県予選の組み合わせ抽選会が21日、秋田市の北部市民サービスセンターで行われ、出場11校の対戦カードが決まった。予選は県内初の開催で、5月3日から3日間、潟上市の長沼球場で行われる。

 抽選会には11校の代表者ら約30人が出席。開幕戦は21年前の秋田大会決勝と同じ鷹巣(現秋田北鷹)高―秋田高となった。名勝負を繰り広げてきた秋田商高と金足農高も初戦でぶつかる。抽選後は夏の全国高校選手権同様、対戦カードごとに代表者が写真に収まり士気を高めた。

(全文 525 文字 / 残り 273 文字)