立ち木に衝突か、秋田市の男性死亡 森吉山阿仁スキー場

お気に入りに登録

 22日午後0時55分ごろ、北秋田市阿仁鍵ノ滝の森吉山阿仁スキー場で、秋田市山王の男性(46)が、コース外の立ち木の近くで倒れているのを、スキー場のパトロール隊が発見し、119番した。男性は北秋田市の病院に運ばれたが、約3時間後に外傷性ショックで死亡した。

 北秋田署によると、男性は午前から知人と2人でスキーをしていた。自分に続いて滑っているはずの男性の姿が見えないことから、知人がパトロール隊に連絡。コース脇斜面のスギ立ち木(直径30~50センチ、高さ約10メートル)の近くで、横向きに倒れている男性を発見した。立ち木に衝突したと見られる。

(全文 365 文字 / 残り 94 文字)