幻想的な火文字で先祖供養 万灯火、新型コロナで規模は縮小

お気に入りに登録
※写真クリックで拡大表示します
川面を赤く染めた万灯火=上小阿仁村小沢田
川面を赤く染めた万灯火=上小阿仁村小沢田

 秋田県の上小阿仁村と北秋田市を流れる小阿仁川流域の春彼岸行事「万灯火(まとび)」が20日夜、流域の各集落で行われた。集落ごとに小高い丘や田んぼ、川沿いなどに火をともし、先祖の霊を供養した。新型コロナウイルスの影響で、同村の参加集落が減ったほか関連イベントも取りやめになるなど、規模を縮小して行われた。

(全文 532 文字 / 残り 381 文字)