巣立ちを迎えて:卒業生ら一言 仲間との絆胸に

会員向け記事
お気に入りに登録

 「初めての卒業式で人が少ないのは寂しかった。残念な気持ちもあるけれど、式が中止にならなかったことで、同級生みんなと会って卒業できたのは良かった。今は中学校で部活も勉強も頑張りたいという前向きな気持ちです」=東大曲小6年、佐々木杏さん(12)

 ◇  ◇

 「東大曲小は、小規模校ならではの同級生との結束力や先生方の手厚い指導が魅力。卒業を迎えた息子も周囲を思いやる気持ちを身に付けられたと思う。卒業式の規模が縮小されたのは、息子にとって良い思い出ではないが、記憶には残るはず。社会を学ぶきっかけにもなったのではないか」=大仙市大曲住吉町、公務員佐々木博央さん(42)

※この記事は「会員向け記事」です。電子版への登録が必要です。
(全文 656 文字 / 残り 374 文字)

この連載企画の記事一覧

同じジャンルのニュース