県教職員異動、教育次長に石川氏【名簿あり】

お気に入りに登録
※写真クリックで拡大表示します

 秋田県教育庁は24日、2020年度の教職員定期異動を発表した。石川政昭・義務教育課長を教育次長に起用、文部科学省出身の中山恭幸・生涯学習課長を義務教育課長に充てる。渡部克宏・教育次長は秋田高校長に就く。退職と新規採用を含めた異動総数は3104人で、19年度より86人多い。発令は4月1日付。

 公立高校長は定年退職(12人)などで計24人が交代する。12人は昇格や県教育庁などからの配置換えで新たに校長となる。秋田中央高校長には尾形徳昭・男鹿海洋高校長、中高一貫の大館国際情報学院校長には村上清秀・小坂高校長、大曲農業高校長には菅原和久・大館国際情報学院校長が就任する。

(全文 548 文字 / 残り 263 文字)

異動名簿はこちら