時代を語る・川村忠(14)「うまそう」がうまい

会員向け記事
お気に入りに登録
※写真クリックで拡大表示します
正月用品が並ぶ市場の魚売り場=昭和56年12月末
正月用品が並ぶ市場の魚売り場=昭和56年12月末

 昭和52(1977)年春、秋田に帰郷した際、一時期体調を崩していたおふくろのサヱノが秋田市民市場の川村鮮魚店に復帰、店を再び仕切っていました。そのおふくろに付いて歩き、どの魚をどれくらい仕入れればいいか、仕入れた魚をどう店頭に並べ、どうさばき、提供すればいいのかを覚えました。

 魚って面白いんですよ。まず注意しなくちゃいけないのが体形。丸々太っているのがいいんです。肌の色合いやおなかの感じから脂が乗っているかどうかも確かめます。目玉は保存用の氷に触れると白く濁るので、氷に直接接しているかどうかを見てから鮮度を判断します。

※この記事は「会員向け記事」です。電子版への登録が必要です。
(全文 752 文字 / 残り 489 文字)

この連載企画の記事一覧

秋田の最新ニュース